確定申告代行・代理

確定申告豆知識

確定申告豆知識記事一覧

貸倒損失

事業の遂行上生じた売掛金、貸付金、前渡金などの債権の貸倒れによる損失の金額は、事業から生ずべき不動産所得の金額、事業所得の金額、山林所得の金額の計算上必要経費に算入し、雑所得の基因となる貸付金の貸倒れなどによる損失は、雑所得の金額(その貸倒損失を必要経費に算入しないで計算した雑所得の金額を限度とする...

≫続きを読む

概算取得費控除の特例

昭和27年12月31日以前から引き続き所有していた土地建物等を譲渡した場合における分離長期譲渡所得の金額の計算上控除する取得費は、所得税法第61条第2項又は第3項に規定する昭和28年1月1日の相続税評価額によらないで、その譲渡収入金額の5%に相当する金額とされます。ただし、実際の取得費が譲渡収入金額...

≫続きを読む

一人親方の確定申告

近年、一人親方の確定申告についての関心が高まっています。一人親方は個人事業主としてしっかりと確定申告の時期に収益と支出について税務署に対して報告義務を果たさなければなりません。かつては税務署による調査が入ることはほとんどありませんでしたが、ここ数年は税務調査が一人親方に及ぶこともしばしばあります。そ...

≫続きを読む

個人事業主が法人化する節税メリット

個人事業主の人が一定規模以上の売上になったときに必ず考えるのが「会社で事業をした方が税金面で有利ではないか」ということだと思います。個人事業主から法人に変更した場合、税負担がどのように変わるのか、事務負担がどの位増えるのか、きちんと理解した上で検討することが重要です。法人化のメリット1.個人事業主の...

≫続きを読む

住宅ローン控除

住宅ローン控除・減税のを受けるための申告手続き代行を2万円(税抜)でお引き受けします!書類のやり取りは郵送で全てすることができます(全国対応可能)ので、あとは申告書類の作成から税務署への申告まで、すべて税理士が責任を持って代行いたします住宅ローン控除・減税を受ける際の必要書類1.給与所得の源泉徴収票...

≫続きを読む

無申告だと延滞税や加算税などのペナルティが発生する

事業を始めて数年間経つけれど確定申告をまったくしていない(無申告)けれど、税務署には怒られるので相談できない、税理士に相談したいけれど料金が高そうで不安だという方は、川口税理士事務所にご相談下さい。弊社には、これまで確定申告が遅れている(あるいは申告をしていない)という方からのご相談を受けていますが...

≫続きを読む

個人事業主の確定申告

近年、確定申告の際に個人事業主が税理士に依頼を行うケースが増加しています。個人事業主の確定申告の額は非常に複雑になることがあるために、税務関係の専門家である税理士は大きな役に立ってくれます。確定申告のための書類一式は国税庁のホームページから簡単にダウンロードすることができるものの、なかなか処理をスム...

≫続きを読む

医療費控除

納税者が本人又は本人と生計を一にする配偶者などの親族の医療費を支払った場合には、その納税者の所得金額から、次の算式で計算した金額のうち200万円までの金額を差し引くことができます。(医療費の額−保険金などで補てんされる金額)−所得金額の5%※=医療費控除額※10万円を超える場合には10万円・生計を一...

≫続きを読む

確定申告が必要な人

下記に該当する場合には確定申告が必要になる可能性がありますので、お気軽にご相談下さい。1.給料収入が年間2,000万円超えている場合、または2カ所以上から給料を受け取っている。2.退職金を受け取った場合。3.株式の売買を行った人。4.土地や建物などを売った、あるいは他の資産と交換した。5.不動産賃貸...

≫続きを読む

不動産所得

不動産所得とは、不動産、不動産の上に存する権利、船舶(総トン数20トン以上の船舶をいう。)又は航空機の貸付け(地上権又は永小作権の設定その他他人に不動産、不動産の上に存する権利、船舶又は航空機を使用させることを含む。)による所得をいいます。不動産等の賃貸料不動産などの貸付けによる所得は、不動産貸付業...

≫続きを読む

青色申告特別控除

青色申告書で不動産所得又は事業所得を生ずべき事業を営む者(現金主義を選択する者を除きます。)が、その事業につき帳簿書類を備え付けて、不動産所得の金額又は事業所得の金額に係る一切の取引の内容を詳細に記録している場合、具体的には、その帳簿書類について所得税法施行規則第57条から第62条まで及び第64条の...

≫続きを読む