税理士 確定申告 費用

税理士に確定申告を依頼したときの費用

税理士に確定申告を依頼したときの費用

働いている人は所得税の確定申告を行う必要があります。これは毎年1月1日から12月31日までの所得の計算を行って、申告や納税を行わなければいけないこととなっています。

 

ここでは1年間にどれだけ所得を得たのかを計算することで納税額の決定が行われます。

 

会社に勤務しているという人は、源泉徴収などであらかじめ税金の前払いを行っているところがありますが、個人事業主の場合には確定申告を基本的には自分で行わなければいけないのです。しかし、この作業には時間や手間がかかります。

 

そこで利用されているのが税理士に依頼をするという方法です。

 

税理士に確定申告の依頼をすると、どのくらいの費用が必要になるのかというと、青色申告の場合には10万円程度、白色申告の場合には5万円程度が相場となっています。

 

費用に関しては税理士によって違いがあります。すべてのサービスがセットになっているところもあれば、オプションとして加えていくという方法もあります。したがって5万円前後を目安にしておき、特殊なことがあればその分、加算されるというように考えておきます。

 

税理士に確定申告の依頼をするときには、費用について確認をしておくことが大切です。相場についてもホームページなどで確認しておきます。

確定申告にかかる税理士報酬の費用

個人事業者の皆様にとって、年末年始に差し掛かると心配なのが確定申告となります。

 

現在は既製品の会計ソフトなどが普及していて、比較的会計帳簿などのシステムの導入も簡易になっています。これまで、会計処理なども含めて税理士に依頼していたものを自社である程度処理ができる段階まで管理をしていると、確定申告にかかる費用は安く抑えることができます。

 

通常顧問税理士をお願いすると、売上額が1,000万円未満の事業者であれば、月額で1万円から2万円もの費用発生と決算時の申告書作成費用として別途6万円程かかってしまいます。これを会計帳簿を独自に管理することで、決算時のみ依頼を行うだけで対応が可能となります。

 

また、会計帳簿を備え付けることで、青色申告適用事業所として税務署へ申告ができるようになると、税額計算上の優遇措置により節税ができます。また、各都道府県などにある青色申告会などへの加入が可能となります。

 

青色申告会へは、入会金や月額会費などが年間で約2万円から3万円必要となります。しかし、会員に対しての勉強会や税理士による無料相談会への参加が可能となり、別途かかっていた税理士報酬が節約できます。

 

また、確定申告についてもサポートサービスがありますので、格段にお得になっています。

関連ページ

確定申告を税理士に依頼する際の相場
確定申告の代行代理の依頼は東京都千代田区の税理士が格安でお引き受けします。遠方のお客様も郵送のみで対応することも可能です。また個人事業主や家賃収入の青色申告の確定申告、住宅ローン減税・控除や譲渡所得の申告も歓迎です。
杉並区で確定申告を依頼したい方へ
確定申告の代行代理の依頼は東京都千代田区の税理士が格安でお引き受けします。遠方のお客様も郵送のみで対応することも可能です。また個人事業主や家賃収入の青色申告の確定申告、住宅ローン減税・控除や譲渡所得の申告も歓迎です。
確定申告は税理士に依頼すべき
確定申告の代行代理の依頼は東京都千代田区の税理士が格安でお引き受けします。遠方のお客様も郵送のみで対応することも可能です。また個人事業主や家賃収入の青色申告の確定申告、住宅ローン減税・控除や譲渡所得の申告も歓迎です。
同人作家の確定申告
確定申告の代行代理の依頼は東京都千代田区の税理士が格安でお引き受けします。遠方のお客様も郵送のみで対応することも可能です。また個人事業主や家賃収入の青色申告の確定申告、住宅ローン減税・控除や譲渡所得の申告も歓迎です。
フリーランスも確定申告は重要な手続き
確定申告の代行代理の依頼は東京都千代田区の税理士が格安でお引き受けします。遠方のお客様も郵送のみで対応することも可能です。また個人事業主や家賃収入の青色申告の確定申告、住宅ローン減税・控除や譲渡所得の申告も歓迎です。
渋谷区で確定申告が必要なケース
確定申告の代行代理の依頼は東京都千代田区の税理士が格安でお引き受けします。遠方のお客様も郵送のみで対応することも可能です。また個人事業主や家賃収入の青色申告の確定申告、住宅ローン減税・控除や譲渡所得の申告も歓迎です。