同人 作家 確定申告

同人作家の確定申告

同人作家として稼いでいる人の確定申告

近年、コミックマーケットやインターネット通販などで自分で製作した同人誌や同人ゲームなどを販売して利益を得ている同人作家の方も増えていますが、その利益が一定額を超えると確定申告をして納税する義務が生じます。

 

たとえば、平日は本業を持っていて週末に実益を兼ねた趣味として活動している同人作家の方が多いようですが、このようなときには、基本的に同人作品・グッズの売上によって得た利益は副業による収入とみなされるので、副業による所得に対する規定が適用され、年間の収入(利益)が20万円を超える場合に確定申告をして納税する義務が発生します。

 

課税対象となる利益は売上から経費を引いたものなので、常識的な範囲内ならば同人作品を制作するために購入した物品の代金や制作費などを経費として計上できます。

 

たとえば、同人誌を制作・販売している場合、画材の購入費や印刷代、交通費、インターネットの接続料やレンタルサーバー代などが経費として認められます。

 

このとき、経費が売上を上回っている場合には赤字となり、課税額はゼロになるので確定申告は不要になりますが、それでも赤字分を確定申告することで所得税の還付金を受け取ることができる場合もあります。

 

なお、十分な利益があるのに確定申告をしていない場合には脱税扱いとなり、所得税に加えて追徴課税を余分に支払うことになるので、忘れずに確定申告をしましょう。

同人の場合20万円以上の利益がある場合は確定申告が必要です

同人の場合、基本的に利益が少額であったり赤字の場合には確定申告の必要はありませんが、少額でも申告する必要のある場合もあります。

 

給料以外に20万円以上の所得がある場合は、確定申告が必要です。売上から諸費用の印刷代や参加費や交通費などを差し引いて、20万円以上の利益がある場合です。

 

同人以外の収入もある人の場合は、その収入も合わせた合計の利益になりますので、注意が必要です。また、給料以外20万円以下の所得でも申告する必要がある場合があります。

 

それは、株の売却損の繰り越しなどがある場合です。この場合は確定申告をする際に、全ての所得を申告する必要があります。

 

他にも赤字の場合、事業所得として申告することで、所得税の還付を受けられる場合があります。

 

事業所得として申告するためには、反復的かつ継続的に利益を目的として行うという事業の要件を満たす必要があります。そのため、定期的にイベントに参加して作品を販売したり、委託販売を行う必要があります。

 

この時、印刷などで原価割れの状態で頒布すると、利益目的に該当しなくなりますので注意が必要です。また、税務調査官を納得させるためにはある程度売上があることが望ましいです。

関連ページ

確定申告を税理士に依頼する際の相場
確定申告の代行代理の依頼は東京都千代田区の税理士が格安でお引き受けします。遠方のお客様も郵送のみで対応することも可能です。また個人事業主や家賃収入の青色申告の確定申告、住宅ローン減税・控除や譲渡所得の申告も歓迎です。
税理士に確定申告を依頼したときの費用
確定申告の代行代理の依頼は東京都千代田区の税理士が格安でお引き受けします。遠方のお客様も郵送のみで対応することも可能です。また個人事業主や家賃収入の青色申告の確定申告、住宅ローン減税・控除や譲渡所得の申告も歓迎です。
杉並区で確定申告を依頼したい方へ
確定申告の代行代理の依頼は東京都千代田区の税理士が格安でお引き受けします。遠方のお客様も郵送のみで対応することも可能です。また個人事業主や家賃収入の青色申告の確定申告、住宅ローン減税・控除や譲渡所得の申告も歓迎です。
確定申告は税理士に依頼すべき
確定申告の代行代理の依頼は東京都千代田区の税理士が格安でお引き受けします。遠方のお客様も郵送のみで対応することも可能です。また個人事業主や家賃収入の青色申告の確定申告、住宅ローン減税・控除や譲渡所得の申告も歓迎です。
フリーランスも確定申告は重要な手続き
確定申告の代行代理の依頼は東京都千代田区の税理士が格安でお引き受けします。遠方のお客様も郵送のみで対応することも可能です。また個人事業主や家賃収入の青色申告の確定申告、住宅ローン減税・控除や譲渡所得の申告も歓迎です。
渋谷区で確定申告が必要なケース
確定申告の代行代理の依頼は東京都千代田区の税理士が格安でお引き受けします。遠方のお客様も郵送のみで対応することも可能です。また個人事業主や家賃収入の青色申告の確定申告、住宅ローン減税・控除や譲渡所得の申告も歓迎です。