渋谷区 確定申告

渋谷区で確定申告が必要なケース

渋谷区で確定申告が必要なケース

自営業者や年金生活者などにとって必須であり、重大な手続きの一つである確定申告。東京都渋谷区に確定申告をする必要があるのは、どのようなケースでどこで行えばよいのでしょうか。

 

確定申告を行う必要がある人は、サラリーマンで年収が2000万円を超えているという人や年金で生活をしている人、自営業を行っている人などが対象となります。またサラリーマンで会社で年末調整を行ってもらった場合であっても、医療費控除や住宅ローン控除などを受けようとする場合には確定申告が必要となる場合があります。

 

渋谷区において確定申告を行う場合、書類の提出先は渋谷税務署になります。渋谷税務署へのアクセス方法はJR山手線渋谷駅や東京メトロ渋谷駅から徒歩で12分ほどで辿りつくことができます。

 

確定申告を初めて行うという人ややり方がよくわからないという人のために、税務署では確定申告期間中に申告相談を行っています。また、署外に申告会場が設けられている場合もあり、そちらでアドバイスを受けることもできます。

 

渋谷区においても署外に特別会場が設けられることが多く、平成25年分の申告の際はベルサール渋谷ファーストに設けられました。特別会場については区役所に問い合わせをすることで確認ができます。

確定申告を熟知した税理士が渋谷区にいます

確定申告をしなければならない条件の人は、毎年、2月16日から3月15日の間に行うことが義務付けられています。これは、日本全国共通で、渋谷区でも例外ではありません。

 

法律で決まっていることだから、当然やるべきなのですが、結構、煩雑なのです。

 

確定申告をしなければいけない、ということ自体がストレスになったり、あるいは、季節的に2月や3月が多忙であったりする人は、ともすれば億劫になってくるものです。

 

税理士に依頼したい、という気持ちがわいてくるのは、そのほうが楽だからです。そして、専門家ですから、税理士に頼んだら正確に仕事を上げてくれます。

 

ただし、費用が発生することは言うまでもありません。とはいうものの、たとえ税理士に報酬を支払っても、十分なメリットが出てくる場合もあります。

 

青色申告をすれば、正規の簿記の規則に添った記帳を行うことで、最高65万円の特別控除を受けることが可能になります。所得税率や住民税率が大きく下がるのです。大きな節税になります。その上、税理士に支払った費用も経費として損金計上できますので、さらにメリットは大きくなります。

 

この節税効果と時間の節減を考えれば、非常にプラスになるのではないでしょうか。

 

渋谷区にも多くの税理士がいますが、中には、確定申告だけでも受けるという税理士もいるほどです。

関連ページ

確定申告を税理士に依頼する際の相場
確定申告の代行代理の依頼は東京都千代田区の税理士が格安でお引き受けします。遠方のお客様も郵送のみで対応することも可能です。また個人事業主や家賃収入の青色申告の確定申告、住宅ローン減税・控除や譲渡所得の申告も歓迎です。
税理士に確定申告を依頼したときの費用
確定申告の代行代理の依頼は東京都千代田区の税理士が格安でお引き受けします。遠方のお客様も郵送のみで対応することも可能です。また個人事業主や家賃収入の青色申告の確定申告、住宅ローン減税・控除や譲渡所得の申告も歓迎です。
杉並区で確定申告を依頼したい方へ
確定申告の代行代理の依頼は東京都千代田区の税理士が格安でお引き受けします。遠方のお客様も郵送のみで対応することも可能です。また個人事業主や家賃収入の青色申告の確定申告、住宅ローン減税・控除や譲渡所得の申告も歓迎です。
確定申告は税理士に依頼すべき
確定申告の代行代理の依頼は東京都千代田区の税理士が格安でお引き受けします。遠方のお客様も郵送のみで対応することも可能です。また個人事業主や家賃収入の青色申告の確定申告、住宅ローン減税・控除や譲渡所得の申告も歓迎です。
同人作家の確定申告
確定申告の代行代理の依頼は東京都千代田区の税理士が格安でお引き受けします。遠方のお客様も郵送のみで対応することも可能です。また個人事業主や家賃収入の青色申告の確定申告、住宅ローン減税・控除や譲渡所得の申告も歓迎です。
フリーランスも確定申告は重要な手続き
確定申告の代行代理の依頼は東京都千代田区の税理士が格安でお引き受けします。遠方のお客様も郵送のみで対応することも可能です。また個人事業主や家賃収入の青色申告の確定申告、住宅ローン減税・控除や譲渡所得の申告も歓迎です。